ぱ~ぷ~日記

フレブルぷっちと黒猫くろ美ちゃんの日々。時々インコのすずちゃん。 天界のパティ君のことも。

カテゴリ: 病気・病院

昨日はぷっち病院の日。
いつもの注射の他に気になっていたことがあったので尿検査をしてもらった。
結果は問題なし。とても「いいおしっこ」でした。

DPP_7622
不安なことがあったら、とにかく調べてひとつずつ解決していく。
それが元気に繋がる。

ぷっち、もう9月だよ。秋ですよ。お散歩が楽しい季節がやってくるよ。

ぷっちの通院。
毎週の注射に加え、毎月はじめに血液検査をしています。そして2~3か月おきにレントゲン検査。
検査に関しては、ちょっとの変化も見逃さぬよう、もし何か悪くなっていたり変化があった時に早めに対処できるように。病気に関わらず高齢になったらこまめな検査はとても大切だと思います。

今月も血液検査は異常なし。よかった。現状維持できてることは本当に素晴らしいこと。
ぷっちの中にあるだろう(確定診断ではないけれど)悪いモノは、今のところ進行していないようです。
「このまま、このままで…」いつもいつも、呪文のように唱え祈っています。


DPP_6722
月はじめの病院の日は正確な血液の数値を出すため、空腹で行って採血終わった後用意して持参している「おべんとう」を車の中で食べています。
いろいろとリズムが狂っちゃうからぷっちも疲れるだろうに、よくがんばっています。しかしすごい食欲なんですよ。これはもう元気な証拠!素晴らしいこと。


DPP_6723
何やらやまりんはぷっちの指の間を入念にチェックしています(笑)
ぷっちはいつだって無抵抗。

DPP_6124
先週土曜日のレントゲン。
一か月前と比べると…
肺の影はなくなりきれいになっていた。転移も疑われていたんだけどそうじゃなかった。ずっと嘔吐や吐出を繰り返していたので誤嚥性肺炎になっていたよう。でもきれいになっていたので大丈夫。
そして胃。形も内壁もきれいになっていた。ただ厚みはあるので炎症はあり。

この経過からみても、おそらく癌は肥満細胞腫であり、今している治療が効いているということだと思われます。
ほんとは手術して異物を取って検査をし正体を明らかにできたらいいんだけど、それは年齢的にも体力的にもかなりむずかしいし、肥満細胞腫だとしたら広がるリスクが高いのでね。

先生が的確な治療をしてくださってると思うんです。もう感謝しかありません。
このまま、癌とうまく付き合っていきながら毎日穏やかに過ごしていきたいです。
こうしてのんびりと、いい老後にしたい。これが今の目標です。

ぷっち、ごはんはもう強制給餌ではなく自分で食べられるようになり、
日によって吐出はありますが、吐き止め薬を飲ませるとだいたい落ち着きます。
1~2日おきに注射をしています。ステロイドは週3日服用。

今では状態もだいぶ安定してきました。調子いい時はお散歩1時間以上歩くんですよ。

DPP_6029
食後のしあわせ抱っこタイム。


DPP_6038
朝はこうしてすずちゃんも参加しています。

DPP_6032
月曜日にバニラアイスをあげから下痢してしまった。
ぷっちのお腹には合わなかったらしい。


DPP_6034
寝るとおしりが緩むから、うんちがクリームみたいにぬるぬるって出てきて。
(これね、可愛かったんだよ。)
夜お布団の中にもしちゃって。ぷっちすごく申し訳なさそうな顔してね…
良かれと思ったアイスだったけど、数日間辛い思いをさせちゃった。本当にごめんね。
抗生剤飲ませたら、すぐ良くなりました。

病院で血液検査。肝臓の数値が高くなってた。おそらくステロイドの影響。強肝剤を飲ませる。

↑このページのトップヘ