ぱ~ぷ~日記

フレブルぷっちと黒猫くろ美ちゃんの日々。時々インコのすずちゃん。 天界のパティ君のことも。

2014年03月

DPP_6059
うり子さんの羊と寝てる。


DPP_6057
ムーミンも一緒。
ぐっすり寝れるって幸せなことだよ。


DPP_6048
相変わらず波はあるけれど、調子いいですよ。
ステロイドを飲む日はどうしてもまったりしたり吐出したりしますが、そうゆう時ぷっちは自分でよく分かっていて決して無理はせず、お散歩も短く済ませます。
だからぷっちの動きに任せて歩きたいって時はとことん付き合うし、まったりしてる時はそっと寄り添います。

注射は2日おきから3日おきになりました。

DPP_6041
すずちゃんとのふれ合いは本当に久しぶり。
ぷっち、ここまで元気になりました。


DPP_6042
すずちゃん、すごく嬉しそうにずっとぷっちのそばにいました。


DPP_6043
ぷっちも嬉しかったはずです。


DPP_6044
ほらね、お話してるよ。


DPP_6045
ぷっちもすずちゃんの問いかけにこたえています。


DPP_6047
ぷっちが具合悪かった間、すずちゃんタイムがどうしても少なくなってしまい
寂しい思いをさせていました。
甘えっこすずちゃん。よく我慢してくれたね、えらかったね。
これから、またいっぱい家族みんなで遊ぼうね。



ぷっち、ごはんはもう強制給餌ではなく自分で食べられるようになり、
日によって吐出はありますが、吐き止め薬を飲ませるとだいたい落ち着きます。
1~2日おきに注射をしています。ステロイドは週3日服用。

今では状態もだいぶ安定してきました。調子いい時はお散歩1時間以上歩くんですよ。

DPP_6029
食後のしあわせ抱っこタイム。


DPP_6038
朝はこうしてすずちゃんも参加しています。

DPP_6032
月曜日にバニラアイスをあげから下痢してしまった。
ぷっちのお腹には合わなかったらしい。


DPP_6034
寝るとおしりが緩むから、うんちがクリームみたいにぬるぬるって出てきて。
(これね、可愛かったんだよ。)
夜お布団の中にもしちゃって。ぷっちすごく申し訳なさそうな顔してね…
良かれと思ったアイスだったけど、数日間辛い思いをさせちゃった。本当にごめんね。
抗生剤飲ませたら、すぐ良くなりました。

病院で血液検査。肝臓の数値が高くなってた。おそらくステロイドの影響。強肝剤を飲ませる。

vcm_s_kf_repr_882x588

パティ君が亡くなって2年。
たった2年かぁ。もう、うんと前のような気がする。

2年経っても、毎日パティ君のことをふと思い出す。日常の色んな場面で「パティ君ああだったよね~、こんなことしたよね~」とか、とにかくどんなシーンでもパティ君はよみがえる。そして思い出すことはほとんどが面白いことだ。
2年経ったってパティ君は笑わせてくれる。すごいよね、パティ君は。

そして今ぷっちが病気になって、いろんなことが起こった時。
パティ君の偉大さを思い知る。そしてパティ君の最期は素晴らしく、こんな幸せな終わり方はないって、また改めて思う。
ぷっちもね、パティ君を目指していますよ。病気を持っていても、穏やかな老後を過ごすのだとね。

この写真は、ダントツの一枚。最晩年のパティ君、もうこの時から神様のようでした。穏やかで安らかで、大きい。このパティ君に今でもいろんなことを問いかけると、やさしく導いてくれるんです。
大好きなパティ君。尊敬しています。ありがとう。

↑このページのトップヘ