ぱ~ぷ~日記

フレブルぷっちと黒猫くろ美ちゃんの日々。時々インコのすずちゃん。 天界のパティ君のことも。

2012年01月

早朝4時過ぎ、トイレに起きようともがいていたパティ君。
自分ではなかなか起き上がれないので私が手を貸したら、ちょうどおしっこの体勢になったせいなのかクッションの上でしちゃったんです。
その後に急いでベランダに出てしっかりうんちしてました。えらかったね、パティ君。
あんなに足が弱っているのに、いつもベランダまで移動して(一緒に起きて少し手助けはするけれど)トイレをするのがすごいって思っているので、寝起きに間に合わなくたって当然だし、むしろかわいいって思ってる。

そのクッションを居間で片づけていたら、申し訳なさそうに私を見つめていたパティ君。
寝室で寝ていいよって言ったんだけど、私のそばで寝始めました。
DPP_1187
ぱ「ゆかりんごめんね」。すごーく伝わってきた。
パティ君、気にしなくていいのよ。悪いことなんてなんにもないんだから。

そして朝。私が起きて少ししたらパティ君起きてきました。やまりんが助けてくれたって。
ちゃんとベランダでおしっこ。ほんとえらいよパティ君。


少し寝た後朝ごはんを食べ、また一眠りしてお散歩。
ゆっくり歩いてきました。調子よかったですよ。

DPP_1188
お散歩から帰った後もベランダをうろうろするほどの元気。
それからぐっすりお昼寝です。いいリズムだね。

午後、空腹になると吐いてしまうことがあるので、3回のごはんの他にもおやつの時間を作ることに。
昨日やよいさんにいただいたプリンをあげたら、寝ぼけていたのにひとくち食べたら美味しくて目がぱっちり開いてコクコク飲んでいました。高カロリーおやつはパティ君にはとってもいいです。


DPP_1189
ぷ「ずるい」
ぷっちゃんごめんね。でもぷっちゃんにはプリンはまだまだ早いのよ。


昨日のパティ君の様子で、ご心配おかけしました。昨夜は3度目のごはんも食べ、夜ぐっすり眠って調子が戻ったようです。

DPP_1170
今日はお散歩行けました。ゆっくりだけどたしかに。


DPP_1183
パティ君、いいお顔です。戻ってきたね。


DPP_1173
お散歩から戻ってやまりんと。


DPP_1184
パティ君のあとはぷっちのお散歩です。
ぷっちはほんとうに元気。ダッシュが楽しくて仕方ない11歳。


DPP_1174
ぷっちと帰ってきたら、パティ君日なたで気持ちよさそうに寝ていましたよ。


DPP_1177
やまりんを見上げてなんか言ってるね。


DPP_1176
そしてぷっちも寝る。しあわせそう。


午後うれしいお客さまが!やよいさんがぱぷに会いに来てくださいました。

DPP_1178
ぷっち、大興奮!嬉しすぎてどうしていいか分からない。


DPP_1179
ピーン。


DPP_1180
寝室で寝ていたパティ君を抱っこして連れてきました。だからまだパティ君寝てますね。


DPP_1181
やよいさん、たくさんお話かけてくださって、撫でてくださって、褒めてくれた。
パティ君、表情はあまりないけどとっても嬉しかったの、私には分かったよ。


DPP_1182
また寝室に戻ろうとしたけど、やっぱり居間に戻ってきてやよいさんに寄り添う。
パティ君の最大の感謝の気持ち。


DPP_1185
パティ君ってさ、べったりするタイプじゃなかったけれど、本当は構われたいの。
だから心の中ではしっぽブンブン降ってワオーンって雄叫び上げてただろうな。


DPP_1186
このふたり、かわいいな。とってもやさしい空気。


やよいさん、色んなアドバイスありがとう。すごく参考になりました。もっとこまめに食事わけて与えるね。
そしてパティ君にたくさんの贈り物、優しい心をくださってありがとう。
たたみや一同、とっても嬉しかったし楽しかったです。
また来てね~。待ってます。

DPP_1169
朝のパティ君。
昨夜ごはんを3回に分けたら嘔吐しませんでした。夜もぐっすり眠れたようです。よかった。
しかしね、毎日痩せていく。


DPP_1150
さてお散歩に行こうと思った時、ちょっと息が苦しそうで。
それからみるみる弱っていくようでした。


DPP_1152
意識がもうろうとしているかんじ。弱い。


DPP_1153
ぷっちも心配そうです。


DPP_1154
パティ君、分かる?ゆかりんだよ。大好きだよ。


DPP_1155
パティ君の目には何が映ってるの?


DPP_1158
しばらくしたら、パティ君起き上がったんです。
力は弱いけど、歩いてます。戻ってきました。


DPP_1156
私の大事なパティ君。かわいいパティ君。よく乗り越えたね。


DPP_1157
パティ君、研ぎ澄まされてる。


DPP_1159
自分でお水もほとんど飲めないので、飲みたそうな時に少しずつ。
お砂糖を少し混ぜて。

DPP_1160
コクコク。ゆっくり、確かに飲みます。


DPP_1161
ぷっちもホッとしたんだと思います。


DPP_1162
ベランダに出てお外の空気を吸って。


DPP_1165
こうやって、しばらく動かない。それからゆっくり動き出す。
その繰り返しです。でも自分の足で歩いてる。立派だよ、パティ君。


DPP_1166
久しぶりに、目をしっかり開けてる。いつも目を細めているからね。
そしてこの後、夕方まで眠りました。


DPP_1167
そして17時半過ぎ、自分で起き上がれました。
元気な時からこのくらいの時間に起きてたもんね。体は覚えてるんだ。


DPP_1168
そして、夜ごはんを食べ今日初のうんちをしてベランダうろうろして。
よくやったね。


どんどん力が弱くなってるのは分かってる。仕方のないことなのも分かってる。
だから引き止めたりはしない。でもこわい。弱虫。
でもさ、パティ君はさ、日々をただただパティ君の全力で生きてる。
だから私もめそめそしてなんかいられないんだ。
パティ君はきっと、一喜一憂してる私を「どうしたの?」って思っているんだろう。
私も毎日を笑顔で、前向きに、パティ君を見習って生きよう。








今日のお昼過ぎのぱぷ。

DPP_1123
ぷっちはここ。


DPP_1124
パティ君はここ。


DPP_1125
ぷっちゃん、ペロー。


DPP_1126
ひゃー。


DPP_1127
舌がひだひだ。


DPP_1128
きゃー。


DPP_1129
むふぅ。


DPP_1130
パティ君、ちょっとずれた。


DPP_1131
こうやって、顔を落として寝るの今でも好きです。


DPP_1132
パティ君さ、どんどん痩せて骨っこで。
ほっぺのこのあたりもへこんじゃって。切なくなるのよ。


パティ君のごはん、今夜から遅くに(22~23時頃)もう1回食べさせることに。
一日3回です。これで胃液の嘔吐が治まればいいのだけれど。
まずはお水(砂糖入り)をシリンジで飲ませて喉を濡らしてから。

DPP_1133
食後のパティ君。ベランダから戻ってきたところ。
後ろ足開いてます。こうしないと安定しないのでね。
こうやって同じ姿勢でしばらく動かない、ここ最近そうなりました。
だから抱っこしてベッドに運ぶこともあります。


DPP_1134
ぷ「またこそこそやってる」


DPP_1135
つまんないぷっち。寂しい思いが漂ったお顔です。
ごめんね、ぷっちゃん。腕枕してあげるからね。

パティ君、ここ最近、あまり調子よくありません。
ごはんは強制給餌で食べさせていますが、体はどんどん小さくなって歩くのもふらつきが目立ちます。
深夜に嘔吐もあって。
ここんとこの嘔吐は決まって深夜か明け方で内容は胃液みたいなものが少しなので、空腹からくるのかもしれません。ごはんを夜遅くの回を少なめの量1回増やしてみようかと思っています。それで落ち着くといいんだけれど。


DPP_1120
でも夕方ぷっちのお散歩帰ってきたらパティ君起きていて、お散歩行きたい顔してたのでゆっくり歩いてきました。
基本お散歩はお昼頃1回にしていたんですが、無理のない程度に、パティ君が望むなら行っています。
ただし歩き過ぎると次の日どーんときちゃうので注意が必要。


DPP_1121
あ、いない。
久しぶりの抜け殻です。
パティ君、ベランダにいました。


DPP_1122
パティ君、今まで常に頭をフル回転させてたからね。
もうゆっくりしなさい。なんにも考えなくていいから。ゆっくりね。
パティ君の好きなようにね。

↑このページのトップヘ