ぱ~ぷ~日記

フレブルぷっちと黒猫くろ美ちゃんの日々。時々インコのすずちゃん。 天界のパティ君のことも。

2006年11月

午前中は雨が降ったり止んだり。
ぷっちはこたつで冬眠中だったので、パティ君と雨の止み間にお散歩に出たらタイミング悪く家出て約3分でまた雨が降り出してしまった。
パティ君に何も着せてなかったし、私は傘も持っていなかったのでお散歩コースを縮小して早々に帰ってきた。
それが面白くなかったのか、お昼休みに2階に上がって部屋を見たらビックリ。
このありさまですよ。
b660b7f2.jpg

こんなだったり、
d6fd28c8.jpg

こちらにも…
bdaff87c.jpg

いや?、こんなのは久しぶりでした。
パティ君は散歩に納得出来なかったようだけど、やりすぎ。

説教中。
パティは悪いことをした後、かなり反省します。今回も私が2階に上がってきた時に「どうしよう、どうしよう、やっちゃった」という顔。そして私の顔をチラチラ見て「ごめんなさい」です。そんなに後悔するならやるなっ!
パティ君はいつもそう。やるだけやった後に事の重大さに気付き焦るタイプ。
98937d0c.jpg


ちなみにぷっちはパティがいたずら系をしてる時はノータッチです。全く関わろうとしません。お利口だねぇ。
ぷ「ばかね、しらないよ」
295729ed.jpg


猛烈に反省中のパティ君。
私のそばにぴったりくっ付き離れません。
7beac1d2.jpg


雨なんてパティ君には関係ないこと。気持ちは分かるけど参りましたよ。
でも、私はパティ君が好き。

今日は久しぶりのお天気。ぱぷもホッとした様子。お日さまは必要ですから。

パティ君、ちょっと不機嫌そうな顔。それはおやつが欲しいのに貰えないから。ちなみにおやつはほとんど与えません。それが納得できないおじいちゃん。
bb706baf.jpg


ぷっちは6歳ですけど、どんどん黒模様(シミ)が増えています。
若い頃と比べると顔の黒い部分がとても多くなってます。以前は口の周りがピンクちゃんだったのに。
そして最近、涙ぼくろが出てきました。
24f421a6.jpg

寝てるところ起こしたらこんな不機嫌な顔。
ニクティごめんね。泣かないでね。


ちょっと寒くてどんよりした日はガクンとやる気がなくなる私。それはぷっちも同じかも。
まぁお互いいつもそんなにやる気に満ちてるタイプではないけれど。
ecc496a1.jpg

私とぷっちとでまったり過ごしていると、おじいちゃんは退屈そうに部屋をうろうろ、がさがさ。
それでも面白いことがなかったのか、諦めて私のそばにやってきて、「せなかなでて」と要求。
7b6a96f0.jpg

背中の「おじいちゃんイボ」が大きくなってきた。この箇所のイボは病院に行くといつも先生に針を刺されおじいちゃん汁を出そうとやられるので(でも結局出ない)だんだん大きくなってるんです。いじられすぎ。って私もいつも触っちゃうけど。
目指す18歳の頃にはパティ君イボだらけになったらどうしよう。

雨上がり、パティ君とお散歩。ちなみにぷっちは濡れた地面を歩くのは好きではないし、こたつから出てこないのでそのまま寝かせておくことに。

「写真撮るから待って」と言ってカメラを向けると迷惑そうな顔をするパティ君。
2c868f1e.jpg

ぷっちがいないとサッサと歩けるのでパティ君も嬉しそう。
a2a8ef23.jpg


この日付けていたハーネスは4年くらい前に買ったもの。
病院でヘルニアの疑いがあるから首輪ではなく首に負担の少ないハーネスに今すぐ変えるように言われ、その足で近所のホームセンターに行き「とりあえずだから何でもいいや」とサイズだけ確認してすぐに購入したもの。
今では仕事場に置いて、パティ君ひとりだけの時の(ぷっちに気付かれないようにそっと行く時用)お散歩に今でも時々使っているものです。

問題はこのハーネスのデザイン。購入してしばらく経ってふと見るとこんななっていました。
骨型に「Dai-Suki」って…
a489775c.jpg

あまりのイカさないデザインに4年経った今でも笑ってしまう。それがパティ君のだから余計に可笑しいのです。
パティ君には「笑いの神様」が時々おりてきます。これを私に買わせたのもきっと神様の仕業です。

本格的に寒くなり、こたつから出るのは自分との闘い。

でもこのひと「すずちゃん」はとってもご機嫌。よくおしゃべりして私の心を和ませてくれる可愛いすずちゃん。
やまりんとぷっちに囲まれ無邪気なすずちゃん。
4b8517d7.jpg

すずちゃん、お手入れ中。あぁ可愛い。
45825fb6.jpg

ぷっちゃん見切れてますけど、目はまっすぐすずちゃんを見ています。
7cb6f2bc.jpg



すずちゃんは賢くって癒し系インコ。

↑このページのトップヘ