ぱ~ぷ~日記

フレブルぷっちと黒猫くろ美ちゃんの日々。時々インコのすずちゃん。 天界のパティ君のことも。

2006年03月

パティ君はいつだって真剣だ。
夕飯の時、もらえないのに希望を捨てず毎回このようにじっと待つパティ君。
c6d8d7a1.jpg


私のおはしの動きを見つめてます。
31a4afba.jpg


こらえきれず叫ぶパティ君。
パティ君はいつだって真剣勝負です。
46c6e019.jpg


今日は私ひとり、こなつに会いに幕張へ。
こなつさん、体いっぱい私を歓迎してくれました。
約1ヶ月ぶりに会ったこなつは大きくなってた?。耳がデカイ!コーギーらしくなってきたね。
68a1a14a.jpg

でもお腹のピンクはまだまだ赤ちゃん。
しかし、この足はずるいな?。かわいすぎ。
ec164134.jpg


帰り、駅まで迎えに来てくれたやまりんとぱぷ。
ぷっちは私の姿を見つけて走って抱きつく。寂しかったの?ごめんね。
パティ君はこなつのGパンに鼻をくっ付けてにおいを確認。
おうちについてしばらくぷっちがべったりして、気が済むとイボイボをくわえてこたつの中へ。
その後、待っていたパティ君がずっと私のひざの上に乗って甘えていました。

お昼過ぎのお散歩。いつもどおりぱぷ一緒に出かけたけど今日もぷっちは歩く気なし。家から5メートル出たところでストップ。ぷっちの顔を見てすぐ分かる。「今日はダメだな」と。
強引に歩かせたけど、わざとチビチビ歩くもんだからうんちとおしっこを済ませた後ぷっちだけを家に戻し、パティ君とお散歩のやり直し。
大体のコースを私が決め、どの道を歩くかをパティ君に決めさせて約1時間ほどお散歩。ところどころに咲くさくらを見上げてパティから目を離した時にかぎって何かを拾い食いするんだもんなぁ。昔はいろんなものを眺めながらゆっくりお散歩してたのに、最近じゃよそ見も出来ません…パティさん、何でも食べちゃいますから。

公園の丸太に乗せてみた。パティ君笑ってるみたい。
fcad6caa.jpg


家に帰るとぷっちが寂しそうに待っていた。寂しいならちゃんと歩いてくださいよ、おにくさん。
aafed6a3.jpg

パティ君、そろそろお散歩の時間なのでは?と私の動きを気にします。
多くの犬さんがそうであるようにパティ君もごはんとお散歩はとても重要なのです。

でもぷっちの重要なことは「暖かいところで眠ること」。
これを一番大事にしているようです。

3b097530.jpg

すずちゃんを放している時はすぐに寝てしまうぷっち。
しかし、毎朝すずちゃんのかごの掃除をする時、ぷっちはすずちゃんがとても気になる。
抱っこして見せてと言うぷっち。
かごの中いるすずちゃんが何とも魅力的なのだろう。

かご越しに見るすずちゃんには触れない。そこがいいのかも。
あまり近いとドキドキ感がなくなっちゃうのね。

b92a9d5c.jpg

↑このページのトップヘ